定石ないネットワークエンジニアのキャリア

通信技術は、多くのコンピューター開発に関係する技術になりつつある。そのため、情報通信業界の仕事でのキャリアパスを考える上で、まずはネットワークエンジニアからスタートを切るという判断もできる。通信技術開発のエキスパートとしてはじめ、その能力を他の仕事にも活かすことができる。

一方で、ネットワークエンジニアからのキャリアパスを計画する上でのデメリットとしては、選択肢が非常に幅広く、絞込みが難しいということがある。システムエンジニアであれば、プロジェクトリーダーやマネージャーといった定番のキャリアパスが存在する。しかし、ネットワーク技術者は、キャリアのプランを立てる上で、確立されている定石の選択肢が存在しない。そのため、転職を考えるのであれば、慎重に進むべき道を選ぶ必要がある。過去の参考になるデータがないため、転職先が適切な選択肢であるかどうかの判断が難しい。

しかしそのデメリットは、メリットと捉えることもできる。まだはっきりとした定番の形がないだけに、自由にキャリアを考える余地がある。失敗するリスクがある一方で、成功する可能性も大きい。また、情報通信業界での通信技術の重要性はますます高まっている事から、ネットワークエンジニアとしてのキャリアは従来よりも高く評価してもらうことができる。ネットワーク関連のエンジニアとしての経験を活かして、次にどのような仕事を選ぶかについてチャレンジする楽しみがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website